グッと刺さる動画は「コンセプト」×「シナリオ」×「表現力」の掛け算で作られている

グッと刺さる動画はコンセプト×シナリオ×表現力の掛け算

グッと刺さる動画はコンセプト×シナリオ×表現力の掛け算

 【1】コンセプトとは

お客様の現状と課題、動画を作成する目的を明確にします。「現状」がどうなのか?ここがスタート地点となります。そして、動画を使うことでどうしたいのか?どういった結果を求めているのか?…という目的、これがゴールとなります。この、現状(スタート)と目的(ゴール)が明確になり、お客様と私どもで共有することではじめて「どういった動画を作成するのか?」、また「その動画をどのように利用するのか?」といったプロジェクト全体のテーマが決定します。具体的な作業としては、面談等でヒアリングをさせていただく中で、テーマを抽出してご提案するということになります。

 

 【2】シナリオとは

【1】で明確になったテーマを実現するための構成・ストーリーの作成となります。どのような流れで語っていくことが最も伝わりやすいのか? ということを徹底的に考え抜き、ときにはディスカッションをしながら、ストーリー構成を決定していきます。これが 動画全体の骨格を形成することになります。 同時に、実写がよいのか?アニメが良いのか?インタビュ一形式が良いのか?図表を使ったものがよいのか?…といった動画そのものの概要も決定していきます。

 

 【3】表現力 とは

【2】で作成した構成=骨格に血肉を与えていく作業となります。実写だとすると、映画風、 ドラマ風、通販番組風、報道風etc... どういった見せ方・語り口が最も効果的なのか? 映像のテンポは早い方が良いのか? ゆったりした方が良いのか? BGM(音楽)や 効果音は? ナレーションは? 文字(テロップ)はどう出すのか? など制作会社・ディレクターの技量が問われる部分です。

 

まずはお客様の意向・希望ありき、それを汲み取って形にするのが我々の役割です!

 私共ではお客様から案件のご依頼・お問合せをいただいた際は「何を作るのか?」よりも先に 「何のために作るのか?」「どなたがご覧になるのか?」 といったことをおうかがいして、その上で どういった内容、方法が考えうるのか、といったご提案をさせていただいております。

作りたいものははっきり決まっていなくても、現状・目的・予算や日程といったことがある程度想定できている状態でしたら、ご遠慮なくお問合せ・ご相談ください。

 豊富な経験値・知識の中から必ずお客様にご納得いただけるアイデアや解決策をご提案させていただき、費用対効果の高い商品質な「作品」をお届けいたします。