動画制作発注マニュアル 002


動画制作・発注マニュアル


このブログでは、動画の制作をお考えの企業・官公庁・学校のご担当者が映像・動画制作会社に問合せたり、見積りを依頼したり、発注したりといった段階で「こういった準備をしておくといいのでは」「こういった問合せ方をすると良いのでは」といったマニュアル的なことを各段階について解説していきたいと考えています。
なるべく、制作会社的な目線でなく発注者の側に沿った考え方で解説していきたいと思います。

映像・動画制作というのは馴染みのない方にとっては「相場がわからない」「どういった依頼の仕方をすればわからない」という代物です。
そこで、まずは最初の問合せから発注までに絞っての解説をしてみようというのが、この連載の目的です。

連載は不定期です。

私の経験則に基づく内容になりますので、偏った部分や間違いがあるかもしれません。
お気づきの点があればどんどんご指摘ください。

動画制作に乗り出そう

「動画を制作したい!」

 

「動画を制作したい!」と考えた場合、

  1. 自分たちで作ってみる
  2. 知り合いに頼む
  3. 制作会社に発注する

といった方法がありますが、やはり大半の方々にとっては(3)制作会社に発注する、というのが順当な手段となるでしょう。

制作会社はどこがいいの?

 

「動画制作」「動画作成」といったキーワードで検索すると、さまざまな会社が出てきます。実績の多さを誇る会社、マーケティングなどとの複合的サービスを謳う会社、価格の安さをアピールする会社、WEBサイトで自社の制作タイトルを紹介している会社etc…

見ているとどこがよいのか、というよりみんなよさそうに見えてきます。一体どの会社とつきあえばよいのでしょう??

結論から言えば「どこと付き合っても良い」のだと思います。各制作会社ともそれぞれにノウハウ・実績・経験を持っている会社ばかりなので、発注側の意図から大きく外れたものを制作するとか、法外な料金を取るとかいった会社に当たることなんてめったにないですから。

それでも同じ頼むなら予算をより有効に使ってもらいたい、こちらの希望をより多く汲んでもらいたい、ハズレに遭遇する可能性は極力排除したい、と考えるのは当然ですのでこれからその方策をご説明します。


この連載は、私の経験則の範疇内での記述もあり、認識違いや間違いもあるかもしれません。そのあたりは都度改訂していきますので、遠慮なくご指摘ください。

連載は不定期です


映像・動画制作会社ゴファン・ピクチャーズ

映像・動画制作会社ゴファン・ピクチャーズ