Q 02:動画っていくらぐらいで作れるの?

QA006

A: 動画の制作費は工数で算出されることが多いです。

動画の制作で一番大きなウェイトを占めるのが「人件費」ということになります。

各制作会社によって表記の仕方は異なる場合がありますが、基本的には「何人が

何日働くのか」といった「工数」で算出されることが多いです。

 

従来の映像制作会社であれば、撮影に参加するスタッフは3万円~4万円/1日、

これに機材費や車両費が加算されて、取材の撮影ユニット(2名~3名)で1日

あたり10万円~15万円。これに編集費が1日3万円ほど、最後に仕上げの

スタジオ料金が1時間あたり2-3万円×8時間程度、さらにプロダクション経費が

加わって、撮影一日で編集仕上げをした企業紹介ビデオ1本あたりは「40万円~

60万円」くらいが相場でした。

 

しかし最近では「低価格」を謳う動画制作会社が増えたこと、クラウドでフリー

ランスを抱えるサービスが出てきたことなどから上記のような基本的な企業紹介

ビデオであれば、10万円~15万円が相場になってきていますし、これにナレーション

を加えたものでも15万円~30万円程度で制作できます。

 

さらに個人と契約したり、安いところを探せば「ナレーション付きで10万円以内」と

いうような"破格"の制作料金も見つかるはずです。

 

制作内容がきっちり決まっていて、制作発注する場合はスペックに合った最安会社を

探すということでも良いとは思いますが、従来の1/2、1/3の価格で請けるということは

やはりどこかで大幅なコスト削減を各社行っているということになります。

 

スタッフを全員社内のリソースで賄うことでコスト削減を図っている会社、逆に

すべてを外注することでコスト削減を図る会社、工程を大幅にスキップしたり、

基本作業以外は全て有料のオプションとすることで低価格を実現している会社etc...

 

それぞれの会社なりにコストを抑える施策がなされていますので、発注する際は

こちらが要望する部分が薄くなっていないか、などはしっかり見極めて発注先を

選定する必要があります。