動画を活用したオウンドメディアマーケティングサービス


ゴファン・ピクチャーズは、クリエイティブにこだわった高品質・ハイエンドの動画制作を提供するだけでなく、
貴社のビジネスを加速させるための「動画を中心としたオウンドメディアマーケティング」をお客様の立場で考えて
提案する動画・映像の制作会社です。

動画はオウンドメディアマーケティングの「起爆剤」

 

■ "オウンドメディア"とは「自社でコントロールできる媒体」のこと ■

自社メディアの総称なので、WEBサイトやブロク、メルマガ、商品パンフレット、チラシなどはすべて「オウンドメディア」と言えますが、現在最も効果が期待されているのが「オンライン動画」を使ったオウンドメディアマーケティングです。

 

■ オウンドメディアの特徴は、顧客・見込み客に直接働きかけ、顧客・見込み客と深い関係を構築することが可能となること ■

深い信頼関係が構築された顧客・見込み客は「商品名をWEBで検索、金額を比較して最安値の他社から購入」という従来の行動パターンでなく、「わざわざあなたの会社・お店を指名してあなたが薦める書品・サービスを購入する」ように変わっていきます。

 

つまり、あなたは売上が上がるだけでなく、
お客様が次に求めるものを提供しつづけることができ、ますます顧客との強力な関係を構築継続していく
「強い会社・お店」体質を身につけることができる
ようになるんです。

 

オウンドメディアって一体何??

現在では、"ペイドメディア"である広告が顧客の多様性に対応しきれず、以前ほどの効果を出せなくなったことから、最近ではTV広告に多額の出稿をしている大企業ですら、SNSなどの"アーンドメディア"とともに自社で制作管理するオウンドメディアの運用に積極的になっています。(ペイドメディア、アーンドメディア、オウンドメディアの3種のメディアを総称して「トリプルメディア」とも呼びます。)

オウンドメディアの場合、資金力の差が圧倒的な効果の差となる広告と違い、運用の仕方次第では、中小企業が自分の会社をブランディングし、商品・サービスに対する集客・販促を効果的に行っていくことも充分可能です。特にオンライン動画にはその効果を加速・爆発させるパワーが秘められています

私どもゴファン・ピクチャーズは、単なる動画や映像の制作サービスにとどまらない
「マーケティング視点に基づいたクリエイティブ」「クリエイティブに裏打ちされたマーケティング」を提案・提供しています。

動画を活用することで、あなたの会社・お店を、お客様が "指名買い" で訪問してくる強い会社・お店に成長させてみませんか?

 

動画を集客・販促のキラーコンテンツに

 

 「動画」の特性がわかればビジネスに有効活用できる

動画をマーケティングに活用するためには、まず動画というメディアの特性を理解する必要があります。
同じWEBサイトに、文章・画像だけを掲載した場合と比較すると、動画があることで
  • より広く(文章が苦手でも動画なら理解できる/言葉がわからない外国人でも伝わる)
  • より深く(「百聞は一見にしかず」)
伝えられることが多いですし、延々スクロールし続けなくても見られるので、PCはもちろんタブレットやスマホでも気軽に見られやすいという傾向があります。

さらに、感情に訴えかけやすいメディアなので、動画を見た人が商品・サービスを「覚えてくれる」→「好きになる」→「購入する」というサイクルを生みやすいとも言われています。

見込み客を顧客に、顧客を固定ファンに育てて売上UP!

 

 人はものを買うときに「感情で決定して、理屈で納得する」

これは人間の脳が、生死に関わることを判断する"爬虫類脳"、好き嫌いや欲望に関わる"旧哺乳類脳"、理屈や理性を司る"新哺乳類脳"の順に発達しており、より内側の脳を刺激されるほど行動を起こしやすいというメカニズムになっているからだそうです。

だから「スペックが優れているとか」「価格がリーズナブル」といった合理的判断に訴えかけたものよりも「これが好き」「かっこいい」「こっちのほうが高いけど気に入った」という欲望や好き嫌いに訴えかけたもののほうが結果的に「売れる商品」となります。

特にモノや情報が周りにあふれている現代においては、この感情&欲望に訴えかけることがますます大切になっており、そのためのツールとして「動画」は非常に有効なツールになってきています。

70人のコピーライターと連携した "売れる"シナリオ作り

 

 ビジネス動画では、クリエイティブとマーケティングは「車の両輪」

商品・サービスを紹介するための動画でも

  • 新規のお客様をサイトに呼び込みたい のか
  • WEBに来たお客様に商品の良さをしっかり伝えたい のか
  • SNSでシェアされたい のか

ではアプローチの仕方やウェイトを置くポイントが変わってきます。
ということは動画のシナリオも違ってくるし、表現の仕方も違ってくることになります。

つまり、
クリエイティブだけ優れていても、マーケティングの考え方がなければ、キレイでかっこいいけどビジネスには利用できない動画が出来上がってしまいますし、

マーケティングだけ分かっていても、それをクリエイティブに置き換えて表現するスキルが伴わなければ、せっかくのマーケティングアイデアも「絵に描いた餅」机上のプランで終わってしまいます。

弊社では動画がアナタのビジネスの強力なツールになるよう、約70名のコピーライターとの連携を通して、クリエイティブなだけでなく「売れるツボ」を押さえたシナリオ作りを行います。

You Tubeを無料の集客ツールに変身させる "奥の手" とは

 

動画制作で予算を使いきってしまって有料広告が打てない。しかし、予算的に余裕がなくても集客・アクセスアップの施策は必要。

・・・なんていうこともあると思います。

そんなときは、YouTubeを使った「集客・アクセスアップ」を試してみませんか?
「YouTube…? 見ることはあるけど、使うってどうすればいいの??」
ご心配ナッシングです。

必要なことは

  • 1: YouTubeのアカウントを取る
  • 2: 動画を作る
  • 3: 動画をYouTubeにアップする

だけですから。

但し、ビジネスで「集客ツール」として利用するためには、より効率的・効果的な方法があります。

私たちは、「定番」とされている方法や自分たちが実践して効果的だった方法はもちろん、国内外のマーケッターが発表するレポートなどを基にした新しい手法も取り入れて、貴社にとって最も効果的で実現可能性が高いと思われるマーケティング施策をご提案いたします。

長年の映画作りで培われた最高品質の映像制作ノウハウ

 

 

"なるだけいい動画を制作したい"けど"なるべく予算は少なく済ませたい"

「コストと品質」は動画をビジネスで使う上で最も大切で最も悩ましい課題の一つです。

限られた予算とスケジュールの中で、どこに注力するか、反対にどこを軽くしてワークフローをショートカットするか、の見極めが非常に大切です

私たちは、劇場映画を始め、TV番組やブルーレイ・DVD商品といった「品質への妥協が許されない」映像作品づくりに長く関わってきました。
その中で培ってきたノウハウ、スキル、経験値をもとに、低予算でも「かけた金額の3倍に見える」演出方法や見せ方に24時間こだわり続けています。

「日本最安値の動画制作会社」ではありませんが、「かけた金額に対する費用対効果が日本で一番高い」動画・映像制作会社であろうと常に心がけています。

おかげさまで多くのお客様からは「この金額でここまでのものができるとは思っていなかった」という声もいただいています。

また、時にはWEB動画だけのつもりで作ったものを、大きなスクリーンを使う展示会や発表会、さらには街頭ビジョンや交通広告、さらにはTVや映画館での広告など、で使用したいといった「スペックアップ」が必要となる場合もあり、そんな時 WEB動画の制作経験しかない制作会社やクリエーターでは納品トラブルにつながって、せっかくの露出機会を逸してしまうリスクがあります。

ハイエンドを知るからこそ弊社は「低価格・短納期」であってもクオリティを落とさずさらには不意のスペックアップにも対応可能な作品を提供できるのです。

相談無料・見積り無料。内容・構成に納得してからのご発注

 

動画・映像に関して「よくわからないんだけど」ということがあれば、気兼ね・遠慮なくお問合せください

  • どんな動画を作れば良いのか?
  • 制作費はいくらにすれば良いのか?
  • どんな動画の活用の仕方が良いのか?
     など…

不安に思ったり疑問に思うことがあれば、お気軽にお問合せください。
相談はもちろん無料ですし、お見積りも無料で発行します。

※動画制作は、同じ「1分の動画」を制作するにも、制作の仕方によって金額は大きく変わってきますので「お見積もり希望」の場合はなるだけ「動画の使用目的」「使用予定の媒体。WEBのみかどうかなど…」「どういったものを作りたいか」「お手持ち素材があるのか」といった情報をまとまってなくても結構ですので教えていただければより現実的なお見積りが発行できます。

ご質問や相談だけでしたら弊社に発注をしなくても、他社で制作を進めていても結構ですよ。
「今頼んでる会社からこんなこと言われたんだけどどういう意味か?」といった質問でもきちんとお答えさせていただきます。

とにかく動画の制作や活用の仕方で迷ったら気兼ねや遠慮なくご相談ください