動画制作レシピ


ご注文から完成・お届けまで 動画の作り方+お仕事の流れをレシピ形式でご紹介

その動画を見るのは「誰」ですか?

 

最初に動画制作の目的とターゲットを明確にします:

 

私どもにお問合せをいただいた時は、まず動画を使ってどういう目的・効果を期待されているかをおうかがいします。

そして、その目的を適えるためには動画を観てもらうターゲット(「誰に」動画を見てもらいたいか?)を明確にします。

明確にしたターゲット(お客様)がどういったことに興味を持っているか、どういったものが好きか、といったことをリサーチして制作する動画のアウトラインを決めていきます。

※最適プランをご提案できるよう、この初期段階でのリサーチとプランニングにかなりのエネルギーを割いています。

 

現実的で効果的なご提案

 

現状を把握したうえで現実的で効果的なご提案をします:

現時点でのお手持ち素材(ロゴデータ、画像、動画など)を確認させていただきます。

お手持ち素材だけで目的に適う動画が制作できれば低コストでの制作が可能となります。

お手持ち素材だけで充分でないときは、撮影や素材の購入といった新規素材の調達を検討します。

制作の目的、素材状況を把握した上で、現実的で効果的な構成、予算といったご提案をいたします。

企画書・構成案、お見積りをご検討いただいて「GO」となった時点で「ご発注」いただきます。

 

撮影、編集

 

ご提案した構成案に基づいて撮影/編集といった具体的な作業に入ります:

ご承認いただいた構成案に基づいて、構成のブラッシュアップ、必要な場合はシナリオ作成を行った上で、撮影、編集、といった実際の制作作業に入ります。

撮影は、スタジオ撮影、ロケ撮影、取材撮影、インタビュー撮影など、形態や規模によって費用や所要日数が変わります。

素材が揃ったところで編集作業に入ります。

必要な場合は並行してCGやアニメーションの作成を行います。

ナレーションは最後の仕上げ段階で収録することが通常ですが、編集用に人工音声による仮ナレーションを使用することもあります。

 

ラフ編集版のご提出・内容確認

 

編集がひと通り完成した時点で確認版映像をご提出、内容確認をしていただきます:

ひと通り編集作業を施して、映像的にはほぼ完成品と同じ状態(ラフ編集版)ができた時点で内容のご確認をいただきます。

音楽やナレーションは仮当ての状態でご覧いただくこともあります。

修正のご指示やご指摘があった場合は、修正を施して再度ご確認いただきます。

内容のご承認をいただいたところで、仕上げの作業に入ります。

 

仕上げ・完成・納品

 

確認版での承認をいただいてから仕上げ作業に入ります:

確認版の映像にご承認いただいたあと、仕上げ作業に入ります。

映像的には合成カットやテロップの調整、色味の調整といったことを行います。

音声的には音楽や効果音の挿入・調整、ナレーションの収録、音声全体のバランス調整などを行います。

最後に完成前の状態で最終確認版を提出します。

最終確認版でご指摘いただく箇所があれば、さらに修正や調整を行います。

最終確認版で承認をいただけば「完成/納品」となります。

※契約時の条件によってはお支払を確認してからの納品となることもあります。